3/16(土) 札幌大通り【家計簿を続けなくても貯金ができるようになる家計をつくりたい!】

~忙しくて家計簿をつけ続ける余裕がない方の、貯金を増やしていくための仕組みづくり~

 

働いても働いても貯金ができない、子どもが生まれてから時間が全然なくて貯金ができなくなった・・・

とお悩みのあなたのお伝えしたいお話があります。

家計を管理していくことって難しいと思いがちですが、
実はとてもシンプルなのです(*^-^*)
家計簿や無理な節約から卒業するための秘訣をお伝えしていきます♡

 

 

 

こんなお悩みはありませんか?

 

*働いても働いても貯金ができない
*忙しくて家計簿がつけられない
*節約ばかりの生活から抜け出したい
*家計をどう見直して良いのかわからない
*毎月のお金の出入りがぐちゃぐちゃでどこから手をつけていいのかわからない
*いろんな本を読んだり節約術を試したけど貯金が増えない

 

 

これらの悩みを抱えている原因って
「家計の基本を忘れている」
からなんです。

 

 

家計はとてもシンプルに考えることができます。
基本を理解することで
「家計簿をつけ続けなくても貯金ができる家計」
を作っていくことができるんです♡

 

 

ただし、この家計簿をつけない家計管理は
単に、ラクして貯金ができる方法をお伝えしているものではありません。
あくまでも、家計簿をつけなくても良くなるような家計管理を
一緒に作り上げるものです。

 

 

本やネットなどからの情報を得て、
家計簿をつけたり様々な節約術を試したりしているのに
「貯金ができていない」
とお悩みの方は多くいらっしゃいます。

 

 

特売の日に買いだめしたり、電気をこまめに消したり、
何でもかんでも節約して
「我慢ばかりの生活」で貯金を増やしたとしても
人生を楽しむためのお金が無いと
日常の生活に対する満足度が低くなってしまいますよね。

 

 

さらに、支出が削れないからと働く時間を増やし
自分や家族との時間がなくなったり
心の余裕がなくなってしまうと、
ストレスからかえって「支出が増えてしまう」ということも多いのです。

 

 

「貯金」というのはあくまでも、
自分の理想とする生活を送るための手段の1つ
なのです。

 

なので、理想の生活を送るための
支出と貯金、そして自分時間のバランスを考えることが大切となってきます。
そのバランスを考えるためにも
まずは
「家計の基本を」
を身につける必要があるのです。

 

 

 

 

貯金ができる家計の5ステップ

家計の基本を知り、シンプル化するには5つのステップがあります。

STEP1 目標・目的を決める
STEP2 家計を知る
STEP3 計画を立てる
STEP4 家計を分ける
STEP5 家計を見直す

このステップを1つずつクリアしていく必要がありますが
一人ではなかなか実践していくことができないことが多いので、
このマネー教室を通して一緒に仕組みを作っていきます。

 

 

この5ステップをしっかりできるようになれば
貯金もできて、理想とする生活も送っていくことができます。

 

 

実際に1年間の貯金が0円、むしろマイナスだった人が150万円の貯金ができるようになった方もいらっしゃいます。
贅沢もせず、貯金もできているのに、将来にものすごく不安を抱えていた方は、
1年間にどれくらいのお金を使っても大丈夫なのか知ることで、買い物するときに遠慮しなくなった方もいらっしゃいます。

 

 

 

このマネー教室で得られるものは

*どれくらいお金を使っても大丈夫なのかわかることで、気持ちよく買い物をすることができるようになります。

*貯金をするためには継続していくことが必要ですが、心が折れずに続けていく方法がわかります。

*家計をどう見直していくのか、やるべきことが何かわかるようになります。

*どこで手を抜けば良いのかわかるようになります。

*家族でワイワイしながら家計を変えていくことができます。

3/6(水) 札幌大通り【家計簿を続けなくても貯金ができるようになる家計をつくりたい!】

~忙しくて家計簿をつけ続ける余裕がない方の、貯金を増やしていくための仕組みづくり~

 

働いても働いても貯金ができない、子どもが生まれてから時間が全然なくて貯金ができなくなった・・・

とお悩みのあなたのお伝えしたいお話があります。

家計を管理していくことって難しいと思いがちですが、
実はとてもシンプルなのです(*^-^*)
家計簿や無理な節約から卒業するための秘訣をお伝えしていきます♡

 

 

 

こんなお悩みはありませんか?

 

*働いても働いても貯金ができない
*忙しくて家計簿がつけられない
*節約ばかりの生活から抜け出したい
*家計をどう見直して良いのかわからない
*毎月のお金の出入りがぐちゃぐちゃでどこから手をつけていいのかわからない
*いろんな本を読んだり節約術を試したけど貯金が増えない

 

 

これらの悩みを抱えている原因って
「家計の基本を忘れている」
からなんです。

 

 

家計はとてもシンプルに考えることができます。
基本を理解することで
「家計簿をつけ続けなくても貯金ができる家計」
を作っていくことができるんです♡

 

 

ただし、この家計簿をつけない家計管理は
単に、ラクして貯金ができる方法をお伝えしているものではありません。
あくまでも、家計簿をつけなくても良くなるような家計管理を
一緒に作り上げるものです。

 

 

本やネットなどからの情報を得て、
家計簿をつけたり様々な節約術を試したりしているのに
「貯金ができていない」
とお悩みの方は多くいらっしゃいます。

 

 

特売の日に買いだめしたり、電気をこまめに消したり、
何でもかんでも節約して
「我慢ばかりの生活」で貯金を増やしたとしても
人生を楽しむためのお金が無いと
日常の生活に対する満足度が低くなってしまいますよね。

 

 

さらに、支出が削れないからと働く時間を増やし
自分や家族との時間がなくなったり
心の余裕がなくなってしまうと、
ストレスからかえって「支出が増えてしまう」ということも多いのです。

 

 

「貯金」というのはあくまでも、
自分の理想とする生活を送るための手段の1つ
なのです。

 

なので、理想の生活を送るための
支出と貯金、そして自分時間のバランスを考えることが大切となってきます。
そのバランスを考えるためにも
まずは
「家計の基本を」
を身につける必要があるのです。

 

 

 

 

貯金ができる家計の5ステップ

家計の基本を知り、シンプル化するには5つのステップがあります。

STEP1 目標・目的を決める
STEP2 家計を知る
STEP3 計画を立てる
STEP4 家計を分ける
STEP5 家計を見直す

このステップを1つずつクリアしていく必要がありますが
一人ではなかなか実践していくことができないことが多いので、
このマネー教室を通して一緒に仕組みを作っていきます。

 

 

この5ステップをしっかりできるようになれば
貯金もできて、理想とする生活も送っていくことができます。

 

 

実際に1年間の貯金が0円、むしろマイナスだった人が150万円の貯金ができるようになった方もいらっしゃいます。
贅沢もせず、貯金もできているのに、将来にものすごく不安を抱えていた方は、
1年間にどれくらいのお金を使っても大丈夫なのか知ることで、買い物するときに遠慮しなくなった方もいらっしゃいます。

 

 

 

このマネー教室で得られるものは

*どれくらいお金を使っても大丈夫なのかわかることで、気持ちよく買い物をすることができるようになります。

*貯金をするためには継続していくことが必要ですが、心が折れずに続けていく方法がわかります。

*家計をどう見直していくのか、やるべきことが何かわかるようになります。

*どこで手を抜けば良いのかわかるようになります。

*家族でワイワイしながら家計を変えていくことができます。

マネー教室終了しました♡【家計簿なし家計をつくり隊!無理な節約から卒業して貯め上手に】

本日のマネー教室
【家計簿なし家計をつくり隊!無理な節約から卒業して貯め上手に♡】
開催いたしました~(*^-^*)

 

 

本日はファイナンシャルプランナー(FP)の大先輩達のご参加もあり
いろんな気づきと学びを感じられたセミナーになりました!

 

でもFPさんの前で話すってすごく緊張しますね(^^;)

 

 

 

私がFPとして、ママとして
マネー教室でお伝えしたいことって

 

*家計を身近に感じてもらいたい
*もっとシンプルに考えてもらいたい
*続けていってほしい

 

という思いなんですよね。

 

そのために

【家計簿をつけ続けずに家計を管理していけるための力を身につける】
という部分をお伝えしています。

 

 

 

 

どうしても子育てと家事をこなしていると
なかなか自分の時間ってもてないですよね。

 

そこで仕事もしているとなればなおさら
少しでも【時間を捻出】するのが
ワーママにとっての課題となってくるのではないでしょうか。

 

 

すでに色々な節約を試していたり
家計簿をつけて頑張ってこられた方も
なかなか貯金ができないという背景には

 

 

ゆっくりお金の事に向き合う「時間がない」
こともあると思いますが
なにより「1人で続けていく」ことが難しいのかなと思います。

 

 

なので、【一緒に家計を考える場】がつくっていけるように
マネー教室で体験していただけたらいいなと思っています(*^-^*)

 

 

 

すでに様々な方の家計の相談に乗ってこられたFPさんからも
好評だった体験ワークが
【1年間の支出を考える】というものです。

 

 

見落としがちですが、
先が見えてくると少しでも不安は軽減できるので
一緒に考えてみましょう(*^-^*)

 

 

 

~ご感想の一部をご紹介します~

 

林  知果さま

家計簿ってつけないと改善されないと
勝手に思い込んでいたので目からウロコでした
なるほど、これなら家計簿つけなくても
改善される!!と
セミナーに参加させてもらって、納得でした。

 

見直す、振り返るには
レシートすごく手取りばやいですね!
家族で見れるし、子供にも、家計簿みせるより、レシートだと
はいっていきやすそうです

 

消費税10パーセントになると、キャッシュレスでの支払いがもしかしたら
有利になるかもしれないですが、
カード支払いになると途端に買いすぎるので不安でしたが
それまでにレシート管理で必要、不必要の選択を身につけたいです!

 

 

 

佐藤 拓也さま

 

 

 

佐藤  文昭さま

 

 

 

今日の学びを活かし、
次回はもっと楽しめるマネー教室を
作っていこうと思います!

家計がぐちゃぐちゃになりやすい原因と、家計の整理

 

貯金をしようと思っても、
忙しいと家計簿をつけることができずに
どんぶり勘定になってしまうことってありませんか?

 

 

そして、そのままでいると、
出費が重なってしまった月は赤字家計になり
貯金を切り崩してしまったり…

 

 

なんだか毎回のように、
貯金に回したいのに

お金もあまらない
なんてことも増えてくるのではないでしょうか。

 

 

こうなってしまう原因は、
【1年間の予定、予算がイメージできず、つねに特別支出がある】
からなんです。

 

 

ということは、こうならないためには
【1年間の予算をあらかじめ決めておく】

ということが
必要だということになります。

 

 

 

ただ、予算を考えろといわれても
なかなか行動に移せなかったり、

 

意外とあまり出てこない

なんてこともあるかもしれません。

 

 

でも、会社や政治などもそうですよね。

イベントなどのプランを立てるときでも
だいたい予算を決めて、具体的に何にどれくらいのお金がかかるのか
見積もりを取ったり、調べたりして
予算をわけたりすると思います。

 

 

それは家計においても同じなんです(*^-^*)

 

やっぱりあらかじめ見通しを立てておくことで
急な出費にも対応できますし
不安もへります。

 

なにより、家計の流れがスッキリします!

 

 

 

 

家計の基本は

 

シンプルに分けると

収入から支出を引いた残りが貯金になります。

 

 

 

そしてその支出は固定費と、流動費の2つから成り立っています

 

字のごとく、固定費は毎月必ずかかってくる、
金額がほとんど変らない項目ですよね。

 

例えば
住居費、ローン、駐車場代、光熱費、通信費、生命保険、定期預金、交通費など

 

 

流動費はその月によって金額が変ってくるものになります。

そして、流動費の中にも毎月かかる食費や洗剤などの生活費と
イベントや季節のものなどでその都度かかってくる特別費の2つに分けることができます。

特別費ってなんだかんだ毎月のように発生してしまうことだったり、
金額も大きい場合が多いので、
ここを予測しておくだけでも、
それに合わせた準備をすることができます。

 

 

家計がぐちゃぐちゃになりやすいのは
家計の分類ができていないことで、
いろんなお金が混ざってしまうためなので、

 

意識して分けるようにしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

1年間の予定表をつくる

今までお話ししたように、

*あらかじめ1年間の予定表を作る
*1年間の予算を考える

 

ということは とても大事なことになります。

 

 

しかもそれが具体的にイメージできると
使っていいお金貯められるお金がわかってくるようになります。

 

 

ママさんであれば、幼稚園だったり学校とかでも
一年間の予定表って配られますよね

 

その予定表を見ながらでも
我が家の行事予定表を作ってみましょう♩

 

 

そしてその行事にあわせて出費を考えるといいですよ(*^-^*)

その出費を全部足した金額が、だいたい1年間の特別流動費になります。

 

 

 

 

特別流動費が決まったら

 

1年間の収入から

①目標貯金額
②固定費
㊸特別流動費

 

をひいてみましょう!

 

 

そして残った金額で生活流動費を回せることができれば

*貯金ができる
*家計簿をつけなくてもOK

という状態になります(*^-^*)

 

 

この生活流動費は残った金額内であれば
自由に使って良いので

何でもかんでも節約しなければならない・・・
という状態から

抜け出すことができます♩

 

 

こうなることができれば、家計管理はラクですよね♩

【残席2名!!】2/12開催*家計簿なし家計をつくり隊!無理節約から卒業して貯め上手に♡

家計簿をつけなくても、
無理な節約をしなくても

誰でも貯め体質になることができます(*^-^*)

 

ちょっとしたコツをおさえるだけで
これからのお金の使い方は変えることができるんです。

 

 

今年こそは
「なかなか貯金できない」から
一緒に卒業しましょう♩

 

 

 

【こんな状況だったりお悩みはありませんか?】

 

*働いても働いても貯金ができない
*いろんな節約術を試したけど貯金が増えない
*忙しくて家計簿がつけられない、続けていくことができない
*何をどう、見直していいのかわからない
*子どもの教育費を貯められるか不安
*貯金をしなきゃいけないのはわかるけど毎月のやりくりが大変
*もっと好きなことにお金をつかいたい

 

その状態が問題だと自覚すれば、
本やネットなどで色々解決方法を探すと思います。

色々な家計の節約方法が載っていたり
家計簿をオススメしているものもありますよね。

 

それでも貯金ができなかったり、
家計がぐちゃぐちゃしていてなんかしっくりこないな・・・
なんてことになったりしませんか?

 

根本的な問題を解決しないことには
上手く貯金ができないのです。

 

 

いろいろやっても途中で心が折れちゃった~
という体験をしたことのある方はぜひ、
マネー教室でお金との付き合い方を学んでみましょう(*^-^*)

 

今まで全然貯金ができなかったという人でも大丈夫です!!
貯金ができなかったという状況は、過去のことです
これからことは、これからの行動次第で変えていくことはできます(*^-^*)

 

 

 

このマネー教室では
家計管理の基本をお伝えしています。

 

なので、家計管理や節約の本に
載っている内容もあるかもしれません。

 

でも、一緒に家計管理を作り上げていく作業をすることで
自分でも継続してできるようになっていきます。

 

1人ではできなかったことを
一緒につくり、
最終的には自分でできるようになる

 

ここがゴールになります(*^-^*)

 

 

 

 

かんたんな家計管理の方法を学ぶことによって

*家計簿をつける毎日から解放され、
あいた時間で子どもや家族との時間をつくれる

*自然にムダな浪費が減って、
自分のためにもお金を使えるようになる

これらができるようになるので、

ぜひ、家計簿なしでもできる家計管理を
手に入れてほしいなと思います☆

 

 

 

 

 

マネー教室から1週間。嬉しいご報告をいただきました(*^-^*)【家計簿なしの家計管理】

今日は、私の元に嬉しいご報告が届いたのでご紹介させていただきたいと思います。

 

1週間前のマネー教室

【家計簿なしでOKのかんたん家計管理】

受講してくださった、ばななさんから嬉しい報告が届きました( ^o^)ノ

 

このマネー教室では

家計簿をつけずに、無理な節約をせず、ストレスを貯めずに貯金ができるよう

かんたんな家計管理をつくりあげるための、家計の基本をお伝えしています。

 

 

~マネー教室受講時のご感想~

参加動機:

どんぶり勘定でなんとかしたかったので!ストレスなしで家計簿なしで貯金できる方法を知りたかったから

 

ご感想:

目標設定する大切さがわかりました。知りたいことを聞くことができてとても有意義な時間を過ごせました。

 

実践したいこと:

レシートを分けること、先取り貯金をすること

 

 

 

が、実はその日にさっそく
レシートを入れる箱を手作りしてくれたようです★

 

 

~その日の夜にいただいたメッセージ~

マネー講座、とっても参考になりました!
お金についての本はたくさんありますが、やはり実際に対面で話を聞くのは全然違うと実感しました。

 

また、同じ女性・ワーママ・子育てママ目線からお金の勉強ができたのも大きいかな、と思ってます。
(お金の本は経済の偉い先生が書いていることも多いですが、感覚が違って参考にならないこともあったので(^-^;)

 

看護師トークもできて楽しかったです(^_^)

 

主人 同席できなくて残念でしたが、内容を伝えて
「貯金がんばろう!」となりました

 

まず、レシート集めの箱を設置しました(笑)

 

機会があればまたお話したいですし、講座にもぜひ伺いたいと思っています。

今日は本当にありがとうございました!

 

 

 

~1週間後、報告がありました♩~

 

おはようございます❗

先日はマネー講座ありがとうございました
居間にレシート入れを設置してから、夫もコンビニ等での買い物レシートを集計して無駄遣いの傾向がわかったりと、少しずつ変化しているように思います

そして、マネー教室の時に医療費控除の確定申告などのお話もしていたので、
確定申告の準備も取りかかることができて、終わらせることができたようです!

 

 

 

素晴らしい行動力ですよね(*^-^*)

貯金ができるかどうかは

実践できるかどうかによって大きく変るので、

マネー教室を受けたことで何か1つでも実践できることができれば・・・という思いでお話しさせてもらっているのですが、

 

*家族と話し合う
*レシートを集め始める
*医療費控除のまとめと確定申告の準備ができた

 

マネー教室が終わって1週間で3つも実践することができたとご報告をいただき
私もすごく嬉しくなりました♩

 

マネー教室でお話ししていることは勉強熱心なかたでしたら知っている事ばかりかもしれません。

でも、その情報を持っていてもどう活かすかわからずにいたり、

行動できずにいる方が1つずつ行動できるように

その仕組みを一緒に作り上げることが私の役割だと思っています(*^-^*)

 

 

お話ししていることは家計管理の基本的な部分で、
難しいことはお話ししていません。

忙しくて、家計簿をつけられなくて、家計がおおざっぱになっていて
将来が不安と思っている方にこそ聞いていただきたいなと思っております☆

 

2月は子どもの体調だったり、悪天候、看護師の仕事のこともあり
マネー教室は企画していませんが、3月から再度いろいろ企画していこうと思っています!

もし、ご希望の場所だったり、日程などございましたらご連絡くださいね。

実は、ばななさんのマネー教室も、ばななさんのご希望で開催が決まりました!
小さなお子様がいて外出が大変でしたらご自宅にもお伺いできますので、
ご相談ください(*^-^*)

貯金をしたいならば、家計簿の前にまずは目標を決めよ!

貯金をしたい!と思って
家計簿をつけたり、
節約したり、仕事を増やしたりしても
なかなか貯金ができないことってありませんか?

 

そんな時はまず、目標を決めましょう!!

 

 

貯金と目標

貯金ができないときって、
いくら貯金がしたいのか明確になっていないことが多いんですよね。

 

貯金だけではありませんが、
・何かをしたいとき
・何かを変えたいとき
・叶えたいものがあるとき

 

共通して言えることは「目標を設定する」ことだと思います。

私、これに関しては自信持って言えます!

 

 

何度も目標設定をして、それを実現させてきました。

*D判定だった看護学校に入学(独学)
*看護師国家試験合格(独学)
*看護師3年目は、自分のなりたいイメージがあり、
リーダー業務・プリセプター・看護研究・アルバイトをこなした
*育児中に4カ月でFP資格取得(通信講座)

 

なりたいものが明確に決まっていると、
それに向けてまっすぐに行動できるようになるんです(*^-^*)

 

どれも簡単にできるものではありませんでしたが、
「続ける」ということができました。

 

貯金においてもこの「続ける」という行為が難しいんですよね・・・

 

 

 

目標設定をすると?

ちょっと例をあげてみますね(*^-^*)
看護学校受験の時の話しです。

 

高校の時、1学年360人くらい生徒がいる中、
成績って最下位の方で300番台だったんですよね・・・

看護学校も授業料とか安いところしか受けられなかったので
病院付属の学校などをメインで選んでいました。が、どれも地方です。

でも親元ってあまり離れたくなかったので札幌希望でしたが
模試の結果はD判定でした。

 

 

受験科目は国語、英語、数学、生物の4科目、
とにかく英語と国語が苦手で、英語は毎回赤点とかだったんです(^_^;)

全部を満遍なく勉強しても進まないから、
数学と生物をとにかく繰り返し勉強しました。

どんどんわかることが増えてきて、楽しくなってきちゃうんですよね♩

 

 

そして、通学に2時間くらいかかるので、
その時間は全て勉強についやし、
友達がいると勉強ができなくなってしまうからとあえて始発に乗って
学校でも朝と放課後はめいいっぱい勉強していました。

 

そのかわり、家に帰ってからは勉強せず、
学校に行かない日はほとんどぐーたら生活です♩
やるべき事が終わればOKだったので

好きな漫画もドラマもたくさん見ていました(*^-^*)

 

 

塾も行く気にならなかったので、
学校の先生をたくさん活用しましたね。
わからないときはすぐに聞きに行く!

 

こんな感じで看護模試の結果もどんどん上がっていき
それでもB判定。
ただ、生物は全国で50番以内に入るまでになりました!

 

そして、受験は補欠合格ではあったんですが
入学することができたんです(*^-^*)

 

 

何が言いたいかというと、

目標が定まっていたことで私ができたのは

*周りの目が気にならなくなる
*時間を有効活用できる
*メリハリをつけることができる
*知っている人に素直に聞きに行く
*目標から逆算してやるべきことをやっていた
*得意を伸ばした

 

方向性がブレずに、達成できたんです(*^-^*)

しかも、全部を勉強についやすのではなく、
自分の時間もちゃんと確保していたんですよね♩

達成するために、自分にあった方法を選択していけました。

 

なので、自分自身はツラいとも思わず、続ける事ができたんです。

 

 

目標を決めると行動が早くなる

 

相当話しは逸れてしまいましたが、
これって、貯金のことでも同じことが言えるんですよね。

ただ漠然とお金を貯めたいと思っても、
まず、モチベーションが上がりません。

どう行動して良いかもわかりません。

 

より具体的に、数字だったり、期間だったり、

その目標は何のために達成させたいのか、目的も一緒に考えていくといいですよ(*^-^*)

 

 

 

より具体的な目標は脳にとって、意識的にも無意識的にも
自分の行動に働きかけます。
より、情報を得るための行動がスピードアップします。

 

例えば、フィットっていう車種の車がほしい、と思えば
行く先々でフィットが目に付き、

手に入れるためにはどれくらいの金額がかかるのか、
すぐにネットで検索して新車と中古の値段を調べたり、
車の性能だったり他の車との比較だったりと、

いろんなことを調べなきゃって自然になると思うんです。
人に聞いたりもするかもしれません。

 

とにかく買うまでの情報収集って今まで興味がなかったことなのに
ものすごいスピード感で入ってきますよね。

 

目標があると脳も活性化されてるんですって。

 

なので、より具体的な目標・目的を明確にすることがポイントです!

 

 

貯金目標は1カ月単位まで逆算

 

貯金に関して言えば
*何年間で、その貯金目標を達成したいのか、
*1年間でいくら貯めたら良いのか
*1カ月でいくら貯めたら良いのか

 

というように細かく落とし込んで考えてみましょう。

 

例えば、パッと見た感じどれが現実的ですか?

・貯金したい
・1000万円貯めたい
・10年間で1000万円貯めたい
・1年間に100万円貯めたい
・1カ月に8.3万円貯めたい

 

より、具体的な行動を考えられるのって
・1年間に100万円貯めたい
・1カ月に8.3万円貯めたい

この辺だと思います。

 

ただ1000万円貯めるって言われてもハードル高く感じませんか?
ハードルが高すぎるとやる気も起きないので、
そのためにも金額を小さくして考えられるようにするのがコツです♩

 

 

ただ数字的な目標を立てても幸せにはなれない

 

実際に目標達成できたら、
達成できたという思いは出てくると思います。

でも、達成できるまでの過程が
ストレスだらけだったら
幸せとはほど遠いいものになりますよね・・・

なので、それまでの過程も大事にしてもらいたいんです(*^-^*)

貯金をしたいということは
何か理想のライフスタイルだったり
叶えたい目標があるとことですよね。

貯金ができれば幸せになれると思うでしょうが、
ただやみくもに節約節約となってしまっては
つらいので、目的をあらためて考えてみましょう!

 

 

例えば教育費であれば、
「教育費を○○万円貯めたい」
だけではなく、きっとその深層には

*子どもに選択の自由を与えたい、
*子どもに辛い思いをさせたくない、
*学べる環境をつくってあげたい

などという思いがあったりしますよね。

ここです!!
ここの思いを大事にしてもらいたいんです!!

 

貯金ができて、学校に入れたとしても
それまでの生活で我慢ばかり、
旅行など楽しい思い出をつくってあげられなかったら・・・?

子どもはどう思うでしょうかね・・・

今日は貯金をする前に目標をしっかり設定してもらいたい!
という部分をお伝えしました(*^-^*)

成功するかしないかは、ここの目標設定にかかっていると思うくらい
私は大事にしています!

 

 

その保険料もったいない!看護師だからこそ損をしない保険の入り方

 

知っていましたか?

看護師って、実は保険に入りすぎている場合が多いんです。

 

保険のしくみとかってわかりにくいので、一般的にもどれくらい保障をつけたらいいのかわからないっていう人も多いですし、特に収入がある医師や看護師っていいカモになりやすいみたいです。

 

 

日本の社会保障制度を利用すると
高額療養費制度傷病手当金などを使えます。

さらに病院独自の保障などが充実している場合もあるので、
実際は病院関係で働く看護師や医療者って、
自分で医療保険に加入しなくてもいい場合もあるんですね(*^-^*)

 

 

 

一般的な社会保障って?

 

入院・自宅療養・休職した場合は
健康保険から給付金などを受けることができます。

 

 

受診・入院の場合

・子どもは乳幼児医療費助成制度(自治体によって負担割合など条件が異なる)
・医療費の保険診療分の自己負担軽減(3割負担)
・入院時、高額療養費制度によって保険診療分は自己負担の限度額が決められている(収入に応じて自己負担額の上限が異なるが、決められた上限額以上の支払いはなし。)

 

 

欠勤・休職

4日以上欠勤した場合、4日目から健康保険制度の傷病手当金をもらうことができる。(給料の2/3の金額)

 

 

 

あなたが働く病院にはどんな制度がありますか?

 

・健康保険組合独自の付加給付(法律で決められているものに+αの給付がある)
共済保険
など

 

必ずチェックしてみてくださいね!

これを知っているか知らないかでは保険のかけ方は大きく変ってきます。

 

 

 

私が以前、働いていた総合病院では、こんな制度・待遇がありました。

 

・働いている病院(系列病院もOKだった気がします)で外来受診・入院をした場合、本人と家族の医療費負担額が3,000円を超えた分が戻ってくる付加給付がある。
・働いている病院、系列病院に入院した場合、自己負担なしで個室に入ることができる。
・健康保険組合の他に、独自の共済保険があり、病院が保険料を半額負担(入院・自宅療養の給付、結婚・出産祝い金、埋葬料、など他にも給付あり)

 

総合病医院でだいたいの科はそろっていたので、その病院でほとんど済ませることができました。
こんな感じだったら、医療保険って必要ないですよね!!

 

今働いているクリニックも、そのクリニックでの受診料が自分+家族分が100%戻ってきます

 

このような特別な医療費制度、なにかありませんか??

 

 

これらの制度を知らないと・・・?

 

私は、看護師1年目の頃に自分で医療保険に加入しましたが、
保険や社会保障制度について何の知識もなく、入院給付金も日額10,000円と設定していました。

というのも、欠勤すると1日あたり1万円くらい引かれると聞いていたからです。

 

今考えれば、そんなにかけておく必要はなかったんですよね。
休んだ時は短期であれば有給も使えるし、長期であれば傷病手当金も使えます。

 

 

健康保険組合独自の付加給付と共済保険だけで十分だったたんですね。

 

 

でも、私は何度も入院を経験している(入院7回、うち手術3回経験)ので、
掛金以上に給付金はもらっているという珍しいタイプなんです。

 

月々7,000円の医療保険ですが、
10年間で84万円も払っていることになるんですよ。
でも、給付金はトータルで112万円をもらっており、医療保険で得しちゃいました♩
不正は働いていないですよ!

 

入院が多かったから元とれたけど、
こんなに入院することって医療が発達している現在、そうそうないですよね。

 

しかも、医療費自体は付加給付がなかったとしても、
84万円もかかりませんでしたし。
入院しない人だったら、保険料削ってもっと貯金ができるわけですよ。

 

 

 

具体的にはどんなお金が動くのか

 

事例をみていきます。

 

Aさん(30歳)のお給料は総支給30万円、日給1万円とします。
14日間入院をし、退院後6日間自宅療養となりました。
この時の医療費は10割負担のままで、保険診療分が35万190円、自費分が9,436円でした。

 

高額療養費制度

まず、保険診療は3割負担が適用され、10万5,057円になります。

高額療養費制度の自己負担限度額を使うとさらに減額となり、8万8,130円となりました。(-1万6,927円)

 

保険診療分と自費分とを合わせると

 

8万8,130円+9,436円=9万366円
9万366円が窓口負担額となります。

 

 

さらにAさんは入院と自宅療養、合せて20日間休職しています。
お給料の減給分は休職20日×日給1万円=20万円となります。

 

 

傷病手当金

4日以上連続で休んだ場合、4日目から傷病手当金の給付対象となるので、
20日-3日=17日分の傷病手当金をもらうことができます。

 

傷病手当はお給料の2/3の金額となるので、
1万円×0.67×17日間=11万3,900円給付

 

欠勤による損失は
20万円-11万3,900円=8万6,100円

 

入院による出費(損失)は

医療費と欠勤による損失を合わせると
9万366円+8万6,100円=17万6,466円
となります。

 

 

Aさんの場合

付加給付

医療費の保険診療分8万8,130円のうち3,000円以上負担した分がキャッシュバックされるので8万5,130円給付。

 

 

共済保険

入院4,000円/日額、自宅療養2,000円/日額だったので、
入院14日×4,000円+自宅療養6日×2,000円=6万8,000円

 

 

任意の医療保険

入院1万円/日額だったので
入院14日×1万円=14万円

 

 

給付金の合計

付加給付8万5,130円+共済保険6万8,000円+医療保険14万円
29万円3,130円

 

この入院で約13.4万円家計のプラスになりました。

 

 

 

が、保険は自分でその時の家計の余裕がないときに補填するものなので、
プラスになる必要はないのです。

 

貯金があるのであれば、何かあったときにそこから使うことができるわけなので、
必要最小限の保障で良いと言うことになります。

 

そして、保険は保険が対象となるものにしかお金が動かないので
他でお金を使いたい場合は使えません。

 

 

看護師であればなおさら、
必要最小限の保障となれば、今以上に掛金を抑えることができる場合が多いでしょう。

 

 

 

 

じゃあ、

保険の必要保障額はどう決めればいい?

 

・家計の余裕資金がどれくらいあるのか、どれくらいの負担なら大丈夫かを知る
・自分が対象となる高額療養費制度の自己負担限度額を知る
・独自の付加給付や他の優遇制度がないか知る
・同じような保障内容でも保険会社によって掛金は変るので、様々な保険会社で見積金額を出して比較検討する

 

 

例えば、
14日間の入院で約9万円の医療費を支払うとすると
9万円÷14日=約6,429円となるので、
全て保険でカバーしようとすると1日あたり7,000円の入院給付金でOKということになります。

 

14日の入院で8~9万円位ですが、
30日入院しても高額療養費制度があるため、自己負担の上限が決まり
金額はさほど変らないことが多いです。

 

今は在院日数も短くなっているので、長期入院することの方が珍しいですよね。
*平均在院日数は10日前後、大腿骨骨折などは20日前後

 

付加給付があれば、
実際にかかる医療費の分だけ保険の保障額としてもいいですよね。

 

ただし、貯金があれば1カ月の限度額8~9万円+自費分

トータル10万円くらいは払うことができそうじゃないですか?

 

 

ただ、妊娠・出産に関してとなるとちょっと話は変ってきます。
妊娠・出産に関わって入院・手術歴があると、保険の見直しをしたときに妊娠・出産に関わることに関して給付金がもらえなくなってしまう場合があるので注意が必要です。

私も、2回帝王切開で出産しているので、医療保険は変えませんでした。

 

 

 

保険料が変ると??

 

もし、保険料が変ったとしたら?

保険料が7,000円だと7,000円×12カ月×30年=252万円
保険料が2,000円だと2,000円×12カ月×30年=72万円

その差180万円になります。

180万円もムダなお金を払うことになるんです。

 

その浮いたお金、5,000円を貯金したら
180万円貯金できます。

でも、

3%の複利運用で毎月5,000円を積み立てていったとしたら
292万円にもなります。

 

 

積み立てた実際の金額は180万円ですが、290万円にかえることができるお金でもあります。

利回りによってはもっと大きな金額になるかもしれません。
そう考えたらたった5,000円すらもったいないと思いませんか?
それだけ時間の価値って大きいんですね。

 

 

この機会に、保険ってどうなってるのかな・・・て
今一度振り返ってみましょう。

 

利用できる社会保障制度を知るだけじゃなく、
職場に独自の付加給付や共済保険などないのか、確認してみましょうね(*^-^*)

 

実はかなりもったいないことをしているかもしれませんよ!

お金が貯まらない看護師が多いのはどうして??原因別対処方法を考えてみた!

 

看護師って世間的には高収入なイメージが強いですよね。
一般的なOLと比べると収入はいいのかもしれませんが、それは残業手当や夜勤手当てのおかげで、日勤常勤の仕事だと意外とお給料が少なく、普通のOLと変らない場合もあります。

私も、独身の頃は自分一人なので残業も夜勤もバリバリこなすことができて、その手当が良かったので、手取りのお給料が30万円を超えていたときも(北海道では高い方なんです・・・)あったんですよね!

 

でも、貯金はゼロでした。

 

大きな買い物をしているわけでもなく、旅行もそんなに行かず。
ブランドものにも全然興味ないし、なんでお金が貯まんないんだろう~という感じです。

 

まさに、働いても働いてもお金が貯まらない!!という状態ですよね。

 

こんな状況になっているのは私だけ!?

と思いましたが、まわりにも意外と多かったんです。
こっそりバイトをしている人もいるくらい・・・

看護師は生活は不規則だし、激務だしストレスも強いですよね。

 

私のストレス発散は、仕事終わりにメンバーとパーッとご飯食べに行ったり、夜勤明けで美容室に行ってからその足で買い物に行ったり、冬は趣味のボードに毎日のように行ったりなどして楽しんでいました。

お金を使う頻度が高ければ、やっぱりお金も貯まりませんね。

 

働いても働いてもお金が貯まらないという状態は、看護師ならではの環境だったり特徴があります。
その原因は大きく分けて4つ。

 

お金が貯まらない、その原因とは?

・ストレスが多い
・忙しい
・収入がある
・周りと比べてしまう

です。

 

激務である看護師、女の職場である看護師ならではの理由なのではないでしょうか。

でも、この特徴を知って、向き合うことができれば、これからの家計って大きく変えることができます。
収入があるからこそ可能性は広がるわけですよ(*^-^*)

 

貯金ゼロだったとしても、何千万円の貯金ができるようになることも可能ですし
贅沢していないのにお金が貯まらないような人が、貯めたお金で海外旅行にいけたり、留学したりすることもできるんです。

 

では、これから原因別にどう解決していけばいいのか、考えていきましょう。

 

 

 

1:ストレスが多い

 

看護師は患者の命を扱う仕事です。
投薬や身の回りのことは看護師が行うので患者の命に直結します。
それゆえ、一つ一つの仕事に対する緊張感が高く、ミスできないという思いは強いですよね。

 

そして新人時代でしたらリーダーや次の勤務者への引き継ぎ時はものすごく緊張しますよね。

他部署への申し送りもドキドキです。なぜか一定数は他部署に対してやたらと厳しい人もいるので、そんな人にあたったときは本当に心が折れそうになります。

 

あとは患者・家族だけじゃなく、医師やコメディカルへの連絡・調整なども看護師が・・・

 

とにかく仕事への緊張感や人間関係の複雑さ、そして日勤・夜勤制度の生活リズムの不規則さや忙しさなどから非常にストレス度の高い仕事となっています。

 

 

これだけストレスが強いと、発散させるのも大変なわけです。

ストレスが強い=充足感がえられない

つまり満たされないんですよね。

 

 

 

こんなことはありませんか?

*夜勤明けで買い物に行くと、予定外のモノを買ってしまったり、ちょっと高いなって普段だったらセーブするようなモノもまあいっか、と買ってしまう

*忙しかったときほど仕事終わりにスタッフ同士で飲みに行ったり、おいしいものを食べに行ったりして幸せ気分を味わいに行く。

*休憩室にはだいたい誰かが買ってきたお菓子が常備されている、夜勤の時は必ずお菓子パーティーになる

 

 

充足感を求めると、非日常を求めて癒やされたいと思います。

 

つまり、ストレスが強いほど、どうしてもお金を使って解消することになってしまうので、結果的に収入があっても貯金ができない人が多いのです。

 

 

一時はそれで満足して、気分さっぱり生まれ変わったような気分になれたとしても、その後もその気分って続かないのではないでしょうか。

 

あとから虚無感だったり、物足りなさが出てくるのであれば、それはただのその場しのぎのストレス解消になってしまいます。

 

なので、いかに自分の満足度を上げられるのかがポイントになってくるわけです。

 

 

外食にしても続けば結構な金額になります。1回で3,000円位はかかりますよね。
2次会もとなれば倍、1次会のみでもこれが週2,3回となれば1カ月では3万円以上となります。1年では36万円・・・結構な金額ですよね。

 

一つ一つの金額が大きくなければ感じにくいのですがちりも積もればなんとやら・・・
ストレス解消への投資は浪費となってしまいます。

 

 

 

まずは

・どんな時にストレスを感じやすいのか、
・どんな行動に出やすいのか

自分の傾向を把握してみましょう。

 

 

それを後から振り返ったときに、その行動は必要なことだったのかどうか考えて、どうしても必要なことではなければそれは浪費になります。

*お金のかからない発散方法を探す
*趣味ややりたいこと、夢への投資などに変える
*買う前に、ちりも積もればいくらになるか考えるクセをつける

 

 

2:忙しい

 

看護師は激務です。ナースコールや患者・家族の対応に追われ、
医師の突然の指示にも対応しなければならない、
急変なんてあったら、その時抱えている仕事は全部後回し。でもこなさなきゃいけない。

患者のケアだけじゃなく、看護記録やカンファレンス、委員会、看護研究、勉強会・・・。さらには新人指導や学生指導もこなさなきゃならない

 

本当にマルチタスクな看護師。

 

 

仕事でエネルギーを使い切ってしまうと家のことまで気が回りません。
仕事場では清潔にしていても、自宅は服や雑誌などが散乱している。なんてことありませんか?
そしてチマチマと家計簿をつけている余裕もないですよね。

 

銀行にお金を下ろしに行くのも面倒で、コンビニで現金を下ろしたり、カード払いを利用したり・・・

そうするとどんどんお金の流れは把握しにくくなります

 

 

 

家計の基本は収入と支出を知ることです。

 

家計簿をつける必要まではありませんが、この流れを把握していなければ貯金は難しいですし、どこを見直せばいいのかもわかりにくくなってしまいます。

 

まずは

1カ月にどんな出費があるのかざっくり書き出してみましょう。

 

・固定費(家賃・ローン、保険、スマホ、光熱費、車関係、教育費など)
・生活流動費(食費、雑費、交通費・ガソリン、お小遣い、美容など)
・特別費

 

そして、収入とのバランスを比較してみましょう

収入より、支出が少ない状態じゃないと貯金はできませんよね。

 

 

 

3:収入がある

 

あなたは、貯金がある人は「収入がある人」だと思っていますか?

収入があっても貯金が全くない人も多くいます。
逆に収入が少なくても貯金できる人もいますし、
収入が少なかったり貯金がなくても幸せな人もいます。

「貯金していることが幸せ」ではないのです。

 

 

でも貯金があると、人生の選択肢が増えるので、「お金が無くて諦める」ということが少なくりますよね。

結果、自分のやりたいことができるようになります

 

 

ただ、安定した収入があると、この先もこの収入が続くと思い込んだり、
来月もこれ位の収入があるから、今月はこれくらい使っても大丈夫だろう・・・と
「収入がある」ことを理由にお金を使ってしまいます。

 

 

今のお金と未来に目を向け、計画する力を身につけると
自然と未来の自分のための貯金もできるようになります。

 

 

1カ月のお金の流れは先ほど出してもらいました。
その中でも、特別支出をどうとらえるかで、貯金できるかできないか大きく変ってきます。

 

 

あなたの家計では、

1年間でどれくらいの特別支出がありますか?

 

正月、お年玉、バレンタインデー、ひな祭り、卒業、入学・進学、GW、こどもの日、夏休み、誕生日・・・
とイベントはたくさんあります。
そして季節が変る毎に服や靴を買換えたりしますよね。

 

 

1年を通して、これら普段の生活費以外にかかる特別支出費をあらかじめ考えておくことができれば「今月もこれくらい出費がかさんだから、高いお肉はちょっと我慢しよう」、「貯金に回せるお金が無かった・・・」などということがなくなります。

 

1年間でどれだけ支出があって、どれくらい貯金に回せそうなのか
1カ月単位ではなく1年単位で一度考えてみましょう。

 

イベントなどの特別支出の分は使っていいお金として、取り分けておくといいですよ。

 

 

 

4:周りと比べてしまう

 

自分磨きを頑張っている人、多いですよね。きれいな看護師も多いですし、やりたいことをやってキラキラ輝いている人も多いですよね。

 

*自分も輝いていたい
*疲れ切った顔を見せたくない
*充実していると思われたい
*他人より劣っていたくない

 

無意識のうちにこんなことを思って、自分と相手を比べてしまいます。
SNSとかチェックしていたらどうしても気になりますよね。

でも、人と比べて自分を過小評価する必要ないですし、
周りに合せたから幸せになれるわけでもないんです。

 

 

もっと、
「自分が幸せだと思えることをは何か」
「自分の理想の生活を手に入れるために」
「自分のなりたいキャリア像を手に入れるために」

 

やりたい看護、やりたい仕事、
どんな生活を送っていきたいのか
考えてみましょう。

 

 

「今」だけじゃなく「未来」を。

 

どんな人生は嫌なのか考えて
他人軸から自分軸へシフトするように少しずつ変っていくと
お金の使い方も変ってきます。

 

ここの自分軸ってすごく大事なところで、
幸せを感じられる人って自分軸がブレません。

他人の評価を気にしていたら何にもできなくなってしまいます。

 

 

「あの人がこうやっているから、私はこうしよう」

から
「私はこうなりたいから、これをしよう」へ

 

判断の基準を少し、変えてみるのもいいと思います。

 

 

おさらい

・ストレスが多い
・忙しい
・周りと比べてしまう
・収入がある

看護師は当てはまりやすい項目です。
お金が貯まりにくい環境だからこそ、特性を知って上手く自分のためのお金の使い方ができるといいですね。

 

 

1)ストレス解消への投資は浪費になってしまうことが多い。
ストレスを感じているときの自分の傾向を知り、
お金を使うときには本当に必要なモノなのか、別になくても大丈夫なモノなのか
考えて、浪費を減らす。

 

2)忙しいとお金の流れを把握しにくい。
自分の収入と支出を知ることから始めよう。

 

3)1年を通して、特別支出費をあらかじめ考えておく
1年間でどれだけ支出があって、貯金に回せそうなのか
1カ月単位ではなく1年単位で一度考えてみる。

 

4)他人軸から自分軸へシフトする
「今」だけじゃなく、どんな人生を送っていきたいのか、どんな人生は嫌なのか考えて
「あの人がこうやっているから、私はこうしよう」から
「私はこうなりたいから、これをしよう」へ

 

自分の人生、考えるきっかけになれば嬉しいです(*^-^*)

1/24開催 【ママのためのマネー教室】かんたん家計管理を学んで2019年をスタートさせよう♪

2019年こそは『貯められないママ』から『実は貯めています♡なママ』になりましょう!!

貯め体質をつくるための第1歩として、かんたんな家計管理を学び、
実は貯まっていた♪という状況を目指しませんか?

 

平成31年1月24日(木)
13:30~16:00
厚別区民センター 和室Bでやります!

 

 

こんなお悩みありませんか?

  • 働いても働いても貯金ができない
  • いろんな節約術を試したけど貯金が増えない
  • 忙しくて家計簿がつけられない、続けていくことができない
  • 何をどう、見直していいのかわからない
  • 子どもの教育費を貯められるか不安
  • 貯金をしなきゃいけないのはわかるけど毎月のやりくりが大変
  • もっと好きなことにお金をつかいたい

 

などと、お悩みを抱えているあなた
今まで全然貯金ができなかったという人でも大丈夫です!!

貯金ができなかったという状況は、過去のことですね
これからことは、これからの行動次第で変えていくことはできます(*^-^*)

 

 

このマネー教室で

かんたんな家計管理の方法を学ぶことによって

・家計簿をつける毎日から解放され、
 あいた時間で子どもや家族との時間をつくれる
・自然にムダな浪費が減って、
 自分のためにもお金を使えるようになる

これらができるようになります。

 

子育てや家事・仕事にとやることが多く
時間に追われているママだからこそ
お悩みを抱えている方が多いんですよね。

でも、こんな悩みを解決できないのは
「正しいお金の貯め方のポイント」を知らないからなんです。

 

 

もしかして、あなたはこれらの悩みを解決するために

  • 家計簿をつけ始める
  • 食費を減らしたり、セール品を買い集めたりと無理な節約をする
  • 仕事を増やして収入を上げる

などと自己流で解決しようとしたりしていませんか?

 

貯金できましたか?

増えましたか??

 

これらをやったとしても
なかなか貯金って増えませんよね。

そもそも長続きしますか?
長く続けて来れなかった結果が
「貯金できない」という状況を作り出しているんです。

 

 

 

 

自己流で陥りやすい状況は・・・

家計簿をつけ始めたとしても見直すポイントがわからなければ、
時間のムダにおわってしまいます。

それに、家計簿をつけいても
節約できる金額はたいした金額にはならない場合が多く、
手間がかかる割に効果が小さく見えにくいですよね。

 

さらに、無理をした節約を続けることはストレスになります。

ストレスが高いと長く続けることができず、お金は貯まりません。
かえってそのストレスの反動で衝動買いをしてしまうことがよくあります。

 

かといって仕事を増やしてしまうと、子どもとの時間が少なくなってしまいますよね。
また、自分の余裕がなくなってイライラしたりしやすくなったり、
家族にあたってしまったりしてしまうことがあります。

 

なので、こうならないためにも
正しいポイントを抑えておくことが大切なんです!

 

そのポイントさえわかっていれば

家計簿をつける毎日から解放され、
あいた時間で子どもや家族との時間をつくることができます。
自然にムダな浪費が減って、自分のためにもお金を使えるようになります。

 

なので、家計簿をつけずにラクに貯金をするためにも、
このポイントが重要なんですよ~(*^-^*)♪

 

このポイントをおさえていたことで
実際に家計を100万円/年変えることができた例もあります。

そんな家計簿なしで貯金ができるためのかんたんな方法を
このセミナーで惜しみなくお伝えします!