子育て支援パスポートとは

地域のお店などが子育て家庭に行う優待サービスで、
会計のときにカードを提示するとお得なサービスを受けることができます。

子どものいる家庭などに優待カードを無料で配布しており
指定のお店や施設などで使うことができ
割引などが受けられるしくみです。

最近はインターネットで登録できる市区町村もあり、
スマートフォンや携帯電話に画像をダウンロードして
提示すればサービスを受けることができるようになっているところもあります。

 

 

対象は?

18歳未満の子どもがいる家庭や中学生以下の子どもがいる家庭を
対象としているところが多いですが
市区町村によって対象となる年齢は違うので各窓口でご確認ください。

子どもが一緒にいなくても使用できるところもあれば
子どもが一緒にいないと使用できないところもあるそうです。

また、妊娠中から使えるところもあります。

 

💡北海道では、妊娠中~小学生までが対象でサービスを受けることができます。

 

 

どこでもらえる?

学校や幼稚園、保育園に通う子どもがいる家庭には
学校や幼稚園、保育園を通して一斉配布され、
それ以外の家庭には役所などへ取りに行くというところが多いです。

転入手続きや母子手帳をもらうとき、出生届を出したときに
配布しているところもあります。

 

 

受けられるサービスは?

市区町村によって様々ですが、
北海道では「どさんこ・子育て特典カード」があります。

 

 

 

 

 

 

商店・飲食店では
・商品の割引や一定金額以上を購入した場合の付加サービス
・対象世帯の子どもに対するソフトドリンク無料サービス

施設では
・利用料金の値引き
・子ども向けのプレゼントなど

サービスを受けることができます。

・ツルハやサッポロドラッグストア、サンドラッグ
・シダックスやビッグエコー
・ロッテリア、マクドナルド
・引っ越しではサカイ、アート、クロネコヤマト
・ニッポンレンタカーやダンロップ で割引やサービスがあったりします。

 

・テーマパーク・遊園地
・スキー場
・美術館・水族館
・温泉
・キャンプ場
・プロスポーツ観戦
・道立施設
・函館朝市
・その他施設

 

 

様々な施設でサービスを受けることができるので一度見てほしいです。
各市町村の協賛店についてや詳しくはこちらHAGUKUMUをご覧ください。

どうでしたか?
意外と身近なところでサービスが受けられたりしますよね?

私も今までツルハやサツドラでしか使ったことがなかったのですが
もっと使えるところがあるんだな、と思いました💡

皆さんも一度ご自分の地域の支援カードで利用できる特典内容を見てみてください🍀