医療費控除とは?

自分や家族が病院にかかったり、薬を買ったりしたなど、1年間に支払いをした医療費のうち、

10万円を超えた分が、最高で200万円まで控除でき、

確定申告をするとお金が戻ってきます。

 

 

どれくらい戻ってくる?

※保険金などの補填は、1年間にかかった医療費の総額から引くわけではなく、

その対象となった入院費などからだけ、引きます。

 

例えば)1年間の医療費が23万円であり、そのうち入院費が11万円、医療保険の入院給付金が15万円だとしたら

保険金で補填される金額は入院費分までなので、15万円ではなく11万円を引きます。

23万円(1年間の医療費)ー11万円(保険金で補填した分)ー10万円=2万円(医療費控除額)

となります。

 

※自己負担の上限は、所得金額が200万円未満の人は10万円ではなく、

所得金額の5%となります。(200万円の5%が10万円)

例えば)所得が100万円であれば、100万円×5%=5万円なので、

自己負担は5万円が上限額となります。

※「所得」とは年間の収入額(総支給額)から必要な経費や控除を差し引いた金額です。
(源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」をみます。)

 

 

誰の医療費?

自分、生計をともにする家族の分です。

一緒に住んでいる家族、扶養している家族の分の医療費をまとめて控除できます。

 

 

医療費に含まれるものは?

 

 

ポイントとしては、

・医師や歯科医師、鍼灸師などの指示によるものかどうか

・治療や療養の目的が医療のためかどうか

によって医療費控除の対象になるか、対象外かどうかが変わってきます。

 

 

手続きは?

確定申告をしましょう!

住んでいる地域の対象の税務署に申告しますが、インターネットからでもできます。

 

◎申告に必要なもの

  • 源泉徴収票
  • 医療費の領収証、明細書

 

通院のためのバスや電車などの公共交通機関を利用したが、領収書がないときは

日付、金額、行き先などを控えておけば大丈夫です!

 

※会社員など、年末調整を会社がしてくれる場合でも、医療費控除は確定申告が必要です。

2月16日~3月15日までに手続きしましょう!

※申請は5年間さかのぼって、請求することができます。

※家族の中で、一番所得高い人が確定申告します。

 

 

注意すること

医療費控除の請求は1年間に支払った分の請求なので、

支払いが12月31日以降になった場合、その年の1年間の医療費控除の計算には含まれません。

 

例えば)病院に受診したのが12月27日であっても、支払ったのが1月4日になってしまった場合は、請求は翌年になってしまいます。