出産育児一時金とは?

出産にかかる費用の平均は48万円といわれていますが、健康保険では出産育児一時金制度を使うと、

妊娠4ヶ月(12週・85日)以降の出産に対して、赤ちゃん1人につき42万円もらうことができます。

双子以上の場合も1人につき42万円プラスされていきます。

 

また、出産費用が42万円以下だった場合、余った金額を健康保険に請求し、もらうことができます

逆に、出産費用が42万円以上だった場合は、差額分を会計時に自己負担で支払うことになります。

 

入院・分娩費がどれくらいかかるのかあらかじめ確認しておいた方がいいでしょう!

しかし、分娩が休日や祝日、夜間だった場合は追加料金が取られる場合があります。

 

※注意
産科医療補償制度に加入していない病院で出産した場合は、40.4万円の支給になります。

 

 

◎加入している健康保険によって出産育児一時金の請求先が変わってきます。

※退職ママの場合、退職後にパパの健康保険や国民健康保険に加入しても、退職前1年以上勤務先の健康保険に加入していて、退職してから6ヶ月以内の出産であれば退職した勤務先の健康保険に請求します。

申請してから2週間~2ヶ月くらいで指定した口座に振り込まれます。

 

 

支払い方法

◎直接支払制度
出産する病院で手続きを行い、健康保険が病院に直接支払います。

◎受取代理制度
健康保険が病院に直接支払いますが、病院で手続きを行った後に申請書を健康保険に提出する必要があります。

◎産後申請し、直接ママに支給される。
出産後、病院に出産費用を支払いし、後から健康保険に請求します。直接支払制度や受取代理制度に対応していない病院での出産や、手続きしていても緊急搬送やトラブルで別の病院で出産することになった場合、この方法をとることになります。
支払うことが難しい場合は、健康保険に出産費用を借りることができる方法もありますので、相談してみるといいと思います。