以前は「妊娠・出産にかかる費用」のお話をしましたが、

今回は反対に、手続きをすると「もらえるお金」の話をします。

 

まず、「専業主婦の場合」「妊娠や出産を機に仕事をやめる場合」「妊娠中~産後も働き続ける場合」

では共通してもらえるものと、そうではないものとがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな人も受けることができる共通の制度は

今回どんな人も受けることができる制度について
それぞれ見ていきたいと思います。

 

 

妊婦健診費用助成

14回前後の妊婦検診費用が各自治体からの助成により、自己負担なく受けることができます。
妊婦健診は保険適応外なので、助成がないと1回あたり3,000円~1万円かかる場合があります。

妊婦健診助成券は、お住まいの市区町村の役場や保健センターに妊娠届けを出し、
母子手帳をもらうと同時に助成券も一緒にもらうという形をとっているところが多いと思います。

※注意すること
①里帰り出産で住んでいる市区町村以外の病院を受診するときは、
助成券は使えませんが後から申請すると助成されます。

②別の市区町村に引っ越しをした場合は助成券は使えなくなってしまうので
引っ越し先の市区町村で新たに助成券をもらう必要があります。

③妊娠週数に見合った検査以外の検査などが追加された場合(助成券の範囲外)は自己負担となってしまいます。
健診のときは、1万円程度、余分に持って行った方が安心です。

 

 

妊産婦医療費助成制度

妊娠中や出産時などにかかった医療費(医科、歯科、調剤など)の保険適応内の自己負担分が助成されます。

 

子ども医療費助成制度と同じような制度ですが、この制度は実施している市区町村と、

実施していない市区町村があるので、お住まいの市区町村役所や保健センターで確認してください。

 

 

高額療養費とは

1ヶ月のうちに支払った(支払う予定の)医療費の合計金額がある一定の限度額を超えた場合に、
限度額を超えた分の金額が健康保険から払い戻されます。
ただし、保険診療内で支払った分が対象なので、自費のものは含まれません。

なので、普段の検診の際にかかった費用などは含まれず、つわりや切迫など
トラブル時に入院したり検査・治療したものは、保険診療となることがほとんどなので
手続きをすると高額療養費が戻ってきます。

しかし、支払った高額療養費が戻ってくるまで3ヶ月ほどかかるので
お金に余裕があればいいですが、余裕がなければ事前に「限度額適応認定証」の手続きをしておくことをお勧めします。
そうすれば実際に病院の会計で支払うのは自己負担限度額となるので負担が少なくなります。

また、高額療養費が戻ってくるまでの間、家計の負担を軽くするために
高額療養費支給見込額の8割まで無利子で借りることができる「高額療養費貸付制度」もあります。

 

🍀高額療養費についてくわしくはこちら

 

 

出産育児一時金

出産にかかる費用の平均は48万円といわれていますが、健康保険では出産育児一時金制度を使うと、
妊娠4ヶ月(12週・85日)以降の出産に対して、赤ちゃん1人につき42万円もらうことができます。

 

🍀出産育児一時金についてくわしくはこちら

 

 

児童手当

中学校卒業までの子どもを育てている人がもらえます。

 

 

 

 

 

 

所得制限未満であれば第1,2子は総額198万円第3子以降は総額252万円を受け取ることができます。

🍀所得制限についてなど、詳しくはこちら

 

 

医療費控除

自分や家族が病院にかかったり、薬を買ったりしたなど、1年間に支払いをした医療費のうち、
10万円を超えた分が、最高で200万円まで控除でき、
確定申告をするとお金が戻ってきます。

※会社員など、年末調整を会社がしてくれる場合でも、医療費控除は確定申告が必要です。
2月16日~3月15日までに手続きしましょう!

🍀医療費控除についてくわしくはこちら

 

 

乳幼児医療費の助成

お子さんの医療費を市区町村が一部負担してくれる制度です。
負担してくれる範囲や金額はそれぞれの市区町村によって違うので、児童手当のことと一緒に窓口で相談されるのがいいと思います( ^ω^ )

🍀乳幼児医療費の助成について、くわしくはこちら

 

 

子育て支援パスポート

地域のお店などが子育て家庭に行う優待サービスで、
会計のときにカードを提示するとお得なサービスを受けることができます。

子どものいる家庭などに優待カードを無料で配布しており
指定のお店や施設などで使うことができ
割引などが受けられるしくみです。

🍀子育て支援パスポートについて、くわしくはこちら

 

出産祝い金

出産祝い金とは赤ちゃんが生まれると、市区町村からお祝いとして
「現金」や「商品券」「品物」などもらえるところがあります。
全ての市区町村で実施している事ではないので確認が必要ですが、
都市部よりは地方の過疎部の方が手厚く出産祝い金をもらえる傾向があります💡

🍀出産祝い金について、くわしくはこちら